« 日本教育工学会第23回全国大会(9月22日~24日,早稲田大学所沢キャンパス) | Main | 若手研究者の成長 »

2007.01.27

実践研究のデザインや論文化(日本教育工学会第23回全国大会)

 昨日もレポートしたが,私が理事を務めている日本教育工学会では,9月22日~24日,早稲田大学所沢キャンパスで第24回全国大会を開催する。この大会に向けた,第1回の大会企画委員会が本日開催された。
 シンポジウムの1つに,実践研究のデザイン,その結果の論文化に関するものを設定することになった。おそらく,私も,司会進行として参加する。学校現場に即した研究をどう企画・運営し,記録し,まとめるかは,多くの人が悩んでいる問題だ。これらを十分に吟味するために,具体的な研究事例をとりあげ,それを学会の編集担当理事等が批評するというスタイルを採りたいと考えている(予定)。けっこうユニークなセッションになると思うので,参加をご検討いただきたい。

|

« 日本教育工学会第23回全国大会(9月22日~24日,早稲田大学所沢キャンパス) | Main | 若手研究者の成長 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本教育工学会第23回全国大会(9月22日~24日,早稲田大学所沢キャンパス) | Main | 若手研究者の成長 »