« 若手研究者の成長 | Main | 授業づくりのアイデアを豊かにするためには »

2007.01.29

講義のエンディング

 29日,担当している講義「教職概論」が最終回を迎えた。エンディングは,講義内容の振り返り,総括だ。
 これまでの講義では,教師の営みに対して,理論的・実践的に,また様々な側面から迫ってきた。それらの中で最も印象に残ったものを選びその理由とともに述べる,ある実践記録を視聴してそこに確認できる講義内容をリストアップするといった活動に従事してもらい,それらを通じて各回の内容の関連づけや重みづけを促すわけだ。
 さらに,教師をなにかに喩えさせ,このなりわいの特色を再表現させた。加えて,これからの教職課程の履修において,また教員を目指すものには教職に就いてからも,講義内容を深めてほしいという願いを伝えて,講義のエンディングとした。その瞬間,講義終了を告げるチャイムがなった。予定していた内容をきちんとカバーし,定められた時刻に講義をぴたっと終えられて,ちょっぴり気持ちよかった。これが自分にとっては,最終講義だったし--。

|

« 若手研究者の成長 | Main | 授業づくりのアイデアを豊かにするためには »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 若手研究者の成長 | Main | 授業づくりのアイデアを豊かにするためには »