« 丸ごと視聴の意義(第47回なにわ放送教育研究会) | Main | 日本教育工学会第23回全国大会(9月22日~24日,早稲田大学所沢キャンパス) »

2007.01.25

春にまた,放送教育の合同研究会

 放送教育の実践に関する自主サークル,なにわ放送教育研究会は,昨日で47回を数えた。100回実施する約束なので,だいたい折り返しまできた勘定だ。
 なにわ放研では,毎年春に,他地域の放送教育の実践研究グループと合同研究会を開催している。放送教育に関する出稽古だ。自分たちとは違った発想で番組活用に取り組む実践者と交わるのは,とてもよい経験になる。一昨年は浜松,昨年は(大胆にも,本家の)全放連と一戦交えた。
 2007年4月に,とある地域の放送教育研究グループと交流するはずだったが,先日「白紙撤回させてください」というメッセージが届き,がっかりしていた。ところが,うれしいことに,宮崎のグループが一緒にやってもよいと回答してくれた。「継続は命なり」だから,合同研究会を開催できることになって,ほっとしている。4月14日(土)の午後に開催の予定。
 (調整の労をとってくれた,水野さん,本当にありがとうございました。とても感謝しています。)

|

« 丸ごと視聴の意義(第47回なにわ放送教育研究会) | Main | 日本教育工学会第23回全国大会(9月22日~24日,早稲田大学所沢キャンパス) »

Comments

 今頃の書き込みで申しわけありません。
 こちらの方がとてもよい機会になると思っています。このような出会い・機会を大事にしたいと思います。

Posted by: mizuno | 2007.01.29 at 01:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 丸ごと視聴の意義(第47回なにわ放送教育研究会) | Main | 日本教育工学会第23回全国大会(9月22日~24日,早稲田大学所沢キャンパス) »