« リーダーシップとカリキュラムの計画策定 | Main | 教師全員が残留を希望する学校 »

2007.02.05

「全体討議会」の工夫(大阪教育大学附属平野小学校の教育研究発表会,2月16日)

 度々案内しているが,2007年2月16日(金)に,大阪教育大学附属平野小学校で教育研究発表会が催される。同校は,ここ数年,附属平野中学校と協力して,様々な形で小中連携教育に取り組んでいる。それに,「学びあい」をキーワードとする授業づくり,教科の特性をからませた授業が公開される。同校のホームページをご覧いただきたい。ものすごい数の授業が用意されている。
 本日,私がコーディネータを務める,最後のパート「全体討議会」の進行について,打ち合わせをした。授業等について参加者にアンケートを実施し,その結果を討議の話題の1つに据えることになった。要するに,参加者とともにその場で話題を創造するという,相互作用的な全体会となる。うまく進行できるかどうか分からないが,実りある全体会の成立に向けて,がんばってみたい。

|

« リーダーシップとカリキュラムの計画策定 | Main | 教師全員が残留を希望する学校 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« リーダーシップとカリキュラムの計画策定 | Main | 教師全員が残留を希望する学校 »