« 教師全員が残留を希望する学校 | Main | 他校の教師に分科会の司会進行を任せる(神戸市立六甲小学校の研究発表会) »

2007.02.07

給食がとってもおいしい学校

 2月上旬,広島県府中市立上下南小学校,同北小学校を訪問し,授業研究会に参加した。いずれの場合も,2つの授業を題材にして,学校研究の取り組みを評価し,次年度の枠組みを検討した。
 その内容は,後日また紹介するとして,今日は,両校の給食について言及したい。すこぶる,おいしいのだ。南小学校では,鶏肉とカシューナッツの炒めもの,もずくや白菜や豆腐などが入ったスープ,カルピスゼリー,コッペパン,牛乳を頂戴した。そして,北小学校では,ターメリックライスとカレー,タマネギを中心とするシャキシャキサラダ,牛乳を食べさせてもらった。いつも私がコンビニで購入して食べているランチよりも,ずっとずっとおいしい。各学校で調理員さんがていねいに作ってくださっているからだ。P1040755P1040847
子どもたちは,給食を楽しみにしているし,給食時に様子を見ていると,おいしい給食が子ども間,子どもと教師間のコミュニケーションを豊かにしている。にもかかわらず,この地区では,給食センターで作ったものを運んでくるシステムに変えるという話も浮上しているらしい。今のシステム,自校での調理をぜひ続けてもらいたい。

|

« 教師全員が残留を希望する学校 | Main | 他校の教師に分科会の司会進行を任せる(神戸市立六甲小学校の研究発表会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教師全員が残留を希望する学校 | Main | 他校の教師に分科会の司会進行を任せる(神戸市立六甲小学校の研究発表会) »