« 研究室の引越 | Main | 「ああ,今日で最後なんだ――」 »

2007.03.29

230号の学級通信

 本日,大阪教育大学附属平野中学校で,同小中学校の有志と定期的に開催している,勉強会(S&C勉強会)に参加した。本日は,小学校の社会科の取り組みと中学校の総合的な学習,さらに幼小中の共同研究の枠組みなどがトピックに定められた。
 最後に,附属中学校の研究主任が,自身が18年度に配布した学級通信の綴りを紹介しれてくれた。なんと,230号も(内容も豊かだし,手書き部分も多いので味わいもある)。彼は,自分の美術教育の取り組み,学校研究の企画・運営だけでなく,学級通信にも,全力投球だ。大したものだ。そういえば,30号に,こんなくだりを見つけた。
 「私がこれまで教師を続けてきて思ったこと。それは,『なんでも全力をつくして取り組んだことは,必ず自分の糧になる』ということです」

|

« 研究室の引越 | Main | 「ああ,今日で最後なんだ――」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究室の引越 | Main | 「ああ,今日で最後なんだ――」 »