« 学校園の実践研究に役に立つ講師の条件 | Main | 学校研究の充実に向けたアクションの最終評価(LTプロジェクト2年度目の活動) »

2007.03.09

松下教育研究財団の第33回実践研究助成の対象校等の決定

本夕,松下教育研究財団の第33回実践研究助成対象に選ばれた学校等が発表になった。これは,「視聴覚・情報通信メディアを効果的に活用し、教育課題の改善に取組む 実践的な研究計画を助成」するものだ。平成19年度は,全国の70の学校等の実践研究に対して,助成金50万円が提供される。
 助成を受ければ,報告義務等が生じるので,面倒が増える。けれども,設備を充実させたり,外部評価を受ける機会が多くなったりする。つまり,実践研究の企画・運営上のエネルギー源や刺激になる。この助成を受けることになった学校等には,これを学校研究ステップアップの触媒にしてもらいたい。

|

« 学校園の実践研究に役に立つ講師の条件 | Main | 学校研究の充実に向けたアクションの最終評価(LTプロジェクト2年度目の活動) »

Comments

 自己の力を向上させるために・・・気を引き締めて取り組みたいと思います。またご助言等よろしくお願いします。

Posted by: mizuno | 2007.03.12 at 08:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校園の実践研究に役に立つ講師の条件 | Main | 学校研究の充実に向けたアクションの最終評価(LTプロジェクト2年度目の活動) »