« ぜひ「情報教育対応教員研修セミナー」へ | Main | 「学校評価」は継続性が命 »

2007.03.14

ちょっと恥ずかしい

 先日,ある雑誌の編集部から,子どもの学力向上に対する保護者の影響,その課題に関するインタビューを依頼されたので,引き受けた。私のコメントを編集部が記事にし,私が内容や表現を点検した。そうしたら,なんと,その雑誌は,地下鉄御堂筋線に吊り広告を出しているではないか。「家庭・地域等の総合教育力を高めることが、子どもの学力向上につながります。 大阪市立大学大学院助教授 木原俊行」と。そんなことは聞いていなかったので,自分で見てびっくりしたし,早くも同僚等2人から,それを指摘された。ちょっと恥ずかしいが,まあ,いいか。今後,自分の名前が電車の吊り広告に載ることは,もうないだろうから--。

|

« ぜひ「情報教育対応教員研修セミナー」へ | Main | 「学校評価」は継続性が命 »

Comments

電車の中づり広告を私も見ました。「おっ!」とびっくりしました。JRの新快速だったので、滋賀から姫路あたりまでの人は見ていると思います。内容はまだ確認できていはいません。

Posted by: いっせい | 2007.03.14 at 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ぜひ「情報教育対応教員研修セミナー」へ | Main | 「学校評価」は継続性が命 »