« 放送教育研究会全国大会で実践を報告しよう! | Main | 「授業評価から授業改善へ」(『兵庫教育』第59巻第1号) »

2007.04.16

『明日の教師を育てる』(鈴木真理子・永田智子編著,ナカニシヤ出版)

 先日,『明日の教師を育てる』(鈴木真理子・永田智子編著,ナカニシヤ出版)を手にした。この書物では,編者らは,教員養成カリキュラム,とりわけ教科教育法の講義等においてインターネットを活用することの意義や可能性を理論的・実践的に示している。編者らが何年にも及んで取り組んできた,自らの講義の改革を整理した「教員養成の講義とその改善に関する教師ポートフォリオ」という性格を帯びているだけに,極めて具体的に,また詳細に事例が語られている。しかも,それらは,教師の力量形成や学びのコミュニティに関する理論を踏まえたものであり,説得力を持っている。
 編者の報告等の特徴を引き出したり,欠けたるを補ったりするためのコラムや解説や資料の位置づけ方も巧みである。編者たちの研究に対する真摯な姿勢とそれを支える人的ネットワークのなせる業であろう。
 現職教員,とりわけ実践的リーダーの力量形成に関する研究に関心を寄せている私からすれば,教師の力量の全体像,それを高めるためのプログラムの要件や枠組みについて,さらに議論する必要があるとも思うが,編者たち(実は,大阪大学人間科学部時代の私の後輩)の研究の特長が十分に示された,好著であると思う。

|

« 放送教育研究会全国大会で実践を報告しよう! | Main | 「授業評価から授業改善へ」(『兵庫教育』第59巻第1号) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 放送教育研究会全国大会で実践を報告しよう! | Main | 「授業評価から授業改善へ」(『兵庫教育』第59巻第1号) »