« 研究者も小中学校で授業をすべきか | Main | 大学における「あいさつ」の効用 »

2007.05.30

マンガでIT活用の可能性を訴える

 本日,熊本大学教育学部情報教育研究会のメンバーによる,『ITを自由自在に活用するヒント』が届いた。この本の執筆者,とりわけ,IT活用のイラスト制作を担当なさった,前田先生(熊本市立飽田東小学校)が送ってくださったのだ。
 IT活用の意義や実際をマンガに描いて訴えるというのは,自分にはできないことだ。そもそも,そういう発想が生まれてこない。感心させられた。これならば,マンガ世代,例えば教員志望学生などは特に,IT活用に興味を覚えてくれるだろう。
 もちろん,内容も充実している。IT活用は教師の創造力の発揮の機会であること,IT活用の効果が授業のデザインに依存していることなどの基本理念が確かだ。また,IT活用のレパートリーが豊富であるし,そのコツがきめ細かく紹介されている。
 このグループのパワーを感じる,見事な作品である。

|

« 研究者も小中学校で授業をすべきか | Main | 大学における「あいさつ」の効用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究者も小中学校で授業をすべきか | Main | 大学における「あいさつ」の効用 »