« 「3年計画の研究なのに,なぜ,初年度から研究発表会を開催しないといけないのか」と問われたら―― | Main | Small is Beautiful. »

2007.05.01

自らの授業力量のチェック(大学院・実践学校教育専攻の『教師発達学』にて)

 本日,大学院・実践学校教育専攻の『教師発達学』の4回目の講義を迎えた。本日は,ここまでの講義前半部分の中間まとめにあたる。ここまでの講義内容(授業力量の枠組み,その実際等)を踏まえて,受講者たる現職教員に,自らの授業力量を点検・評価してもらった。また,その結果を受講者間で交流してもらった。
 私の講義は,いわゆるミドルリーダー向けのものであるが,受講者の振り返りをまとめてみると,彼らの信念はそれなりに熟し,また,その技術は経験によって蓄積されてはいるが,実践的知識が足らない,整理されていないということになろうか。読者にも,チェックリストを用いて,自らの授業力量の省察を試みてもらいたい。「teacher_development_w4.pdf」をダウンロード


|

« 「3年計画の研究なのに,なぜ,初年度から研究発表会を開催しないといけないのか」と問われたら―― | Main | Small is Beautiful. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「3年計画の研究なのに,なぜ,初年度から研究発表会を開催しないといけないのか」と問われたら―― | Main | Small is Beautiful. »