« カリキュラム・リーダーシップの今日的意義や特徴等 | Main | 教職1年目の様子(大学院・実践学校教育専攻の『教師発達学』にて) »

2007.05.07

研究を大切にする文化

 本日,とある附属中学校の研究主任と話をした。同僚が研究授業や研究紀要の執筆に積極的になってくれないと嘆いていた。研究授業も「授業時数の確保」の声でなかなか実施できないという。
 たしかに,「授業時数の確保」は大切だ。しかし,やり方はいくらでもあるはずだ。例えば,一部の教師だけが見学する場合があってもよい。公立学校でも,そういうやり方で研究授業の回数を増やし,教師の授業力を高めている中学校が増えているように思う。そういう姿勢を,この附属中学校の教師たちにも,ぜひ示してもらいたいものだ。もともと,研究を大切にする文化を好んで,附属中学校に赴任したのだろうから。

|

« カリキュラム・リーダーシップの今日的意義や特徴等 | Main | 教職1年目の様子(大学院・実践学校教育専攻の『教師発達学』にて) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カリキュラム・リーダーシップの今日的意義や特徴等 | Main | 教職1年目の様子(大学院・実践学校教育専攻の『教師発達学』にて) »