« 小学校英語活動の成立と普及を支えるボランティア精神 | Main | 札幌に来た »

2007.05.17

研究授業をどのように観察するか

 読者は,小中学校等の研究授業をどのように観察しているだろうか。その方針や手順はどのようなものだろうか。
 先日の大阪府南河内郡千早赤阪村の赤阪小学校で英語活動の授業を見ていた,幼稚園教諭は,子どもとともに英語の歌を歌ったり,子どもたちがゲームを繰り広げる様子を近づいて眺めたりしていた。彼女たちは,とにかく「体」がよく動く。まるで,自らが授業に参加しているような気持ちで,授業を観察しているのだろう。こういう主体的な観察ならば,教室等の子どもたちが何をどのように学んでいるかが実感できるに違いない。
 私は,とにかく,「立体的に」観察することを目指す。例えば,(タイミングを見計らい)子どもに教科書やノートやファイルを借りて,本時の学びと前時や前単元のそれとの連続線を探る。教卓上に置かれた教師のメモ(指導案に加筆された事項)を読む。学級通信・学校通信の記述も参考にする。時には,隣の教室の様子と比べてみたりもする。
 研究授業のよさを見いだすためには,それに主体的に,また多角度から迫るべきである。それは,自明であろう。けれども現実には,教室後方の椅子に座り続けてぼんやりしている教師が少なくない。どうしてだろう――。不思議である。

|

« 小学校英語活動の成立と普及を支えるボランティア精神 | Main | 札幌に来た »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小学校英語活動の成立と普及を支えるボランティア精神 | Main | 札幌に来た »