« 「なにわ放研」の参加者増える!(第51回なにわ放送教育研究会) | Main | 小学校英語活動の成立と普及を支えるボランティア精神 »

2007.05.15

異校園種の連携による教育のレパートリー

 本日,大阪府南河内郡千早赤阪村のこごせ幼稚園と3つの小学校(千早,赤阪,小吹台),そして千早赤阪中学校が,文部科学省指定研究開発学校として取り組んでいる,英語科のカリキュラム開発の一環として営まれている授業を3つも見学した。
P1060080 写真は,幼稚園の5歳児と赤阪小学校の1年生とが合同で英語活動に従事している様子である。それぞれのクラスでも活動できるのであろうが,2クラス合同で実施することで,ティーム・ティーチングが実現して教員が助け合える。小学校側としては,小学校には存在しない(驚きだが――)多目的教室を利用させてもらえる。AET(この人がまたすぐれているのだが――)を有効に活用できるという,様々なメリットがある。
 本日は,赤阪小学校の第5学年の学級担任とAETのティーム・ティーチング,千早赤阪中学校の第1学年の中学校教諭と小学校教諭のティーム・ティーチングなども見せてもらった。異校園種の連携による教育のレパートリーが,本村はとても豊かである。
 11月22日(木)には,合同研究発表会が催される。これに参加すれば,1日でかなりの知見が得られるに違いない。

|

« 「なにわ放研」の参加者増える!(第51回なにわ放送教育研究会) | Main | 小学校英語活動の成立と普及を支えるボランティア精神 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「なにわ放研」の参加者増える!(第51回なにわ放送教育研究会) | Main | 小学校英語活動の成立と普及を支えるボランティア精神 »