« 「総合的な学習の時間」モデル事業に取り組む学校(和歌山県有田郡広川町立広小学校) | Main | 「世界における日本の授業研究の意義と課題-校内研修としての授業研究を中心として」 »

2007.06.30

「家庭学習の充実」に注目して

 本日,新大阪で開催された総合学力研究会(事務局:ベネッセ教育研究開発センター)に参加した。メンバーは,これまでの取り組みの成果と課題を確認しながら,また最近の教育界の動向を踏まえながら,次なる調査研究のフレームワークを検討した。
 教諭や管理職,そして保護者による学力向上に向けたトータルな取り組み=総合教育力を「家庭学習の充実」をキーワードにして再構築すべきであるという点を確認した。これからしばらく,これを視座とする調査の設計に時間を費やすことになる。

|

« 「総合的な学習の時間」モデル事業に取り組む学校(和歌山県有田郡広川町立広小学校) | Main | 「世界における日本の授業研究の意義と課題-校内研修としての授業研究を中心として」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「総合的な学習の時間」モデル事業に取り組む学校(和歌山県有田郡広川町立広小学校) | Main | 「世界における日本の授業研究の意義と課題-校内研修としての授業研究を中心として」 »