« 第6回虎の穴OB会 | Main | 和歌山の先生方はマジメだ―― »

2007.08.05

「成長する教師」を体現する「虎の穴」OBたち

 昨日,本日と,大阪は上本町のアウィーナ大阪で,放送教育指導者養成講座(虎の穴)のOB会が催された。これでOB会も,6回を数える。
P1080183 本日は,各人の実践を評価規準(放送教育としての魅力,番組利用の継続性,番組利用の必然性,番組利用の多様性,放送教育の実践研究としての先進性等)に基づいて相互評価した。それぞれの発表や質疑応答の内容がとても濃かった。番組視聴の意義,デジタル教材活用の方針についてシャープに,また同時に幅広く,協議できたと思う。評価を生かした授業づくりを展開している,子どもの実態を把握し,その変容をエビデンスで示す,教科と総合を連動したカリキュラムを構成している等,今日の実践研究に期待される方法論も意識されている。
 これらに象徴されるが,「虎の穴」OB会のメンバーの実力はすごい。特に,毎年,なんらかの意味で実践をパワーアップさせているのが,見事である。その姿は,「成長する教師」を体現している。そして,それを促す刺激や支える動機が,仲間とのコミュニケーションによってもたらされている。このような豊かな実践コミュニティは,どこにでもあるものではなかろう。

|

« 第6回虎の穴OB会 | Main | 和歌山の先生方はマジメだ―― »

Comments

木原先生ご指導ありがとうございました。
放送について昼も夜も(?)
熱く語り合えた2日間でした。
周りから学び、自分の足りたいところを感じ…
9月からの実践にパワーをいっぱい頂きました。
今後とも宜しくお願い致します。

Posted by: tabata | 2007.08.06 at 12:48 AM

今回はいけずにすみません。
今年こそはと年度初めに決心していたのですが・・・
盛会を祈っています。

Posted by: YOSHIMA | 2007.08.05 at 07:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第6回虎の穴OB会 | Main | 和歌山の先生方はマジメだ―― »