« 残る夏休みをどう過ごすか | Main | 関西教育メディア研究協議会第8回夏期研修会にて »

2007.08.19

資料を届けてくれる学校,届けてくれない学校

 8月もあと10日あまり。この期間に2学期以降の学校研究推進のための研修に取り組む学校も少なくない。私も,いくつかの学校の研修に参加する。
 授業研究会を伴わない研修への協力は難しい。講演だけだと,一般論になりがちだからだ。それを避けるために,私は,協力依頼のある学校には,昨年度の研究紀要とか,今年度の研究計画・記録等を届けてくださるように,お願いしている。それを用いて,その学校に応じた話ができるよう,準備するために。
 それに対するリアクションは様々だ。すぐに届けてくれる学校,そうではない学校,依頼に対して回答さえない学校――。その様子は,おおよそ,その学校の実践研究の成熟度と連関している。

|

« 残る夏休みをどう過ごすか | Main | 関西教育メディア研究協議会第8回夏期研修会にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 残る夏休みをどう過ごすか | Main | 関西教育メディア研究協議会第8回夏期研修会にて »