« 家庭学習の実態を把握するための調査 | Main | ポスターセッションの練習(第55回なにわ放送教育研究会) »

2007.09.19

自らの学びを振り返らせる指導の重要性

 再度,倉敷市立郷内中学校を訪問し,英語と数学の授業を見学した。また,それらを題材とする協議会に参加した。この学校は,岡山県が実施している「授業で勝負!」支援事業の指定を受けており,教師たちは,「分かる授業」の実現を目指して,授業力の向上に努めている。本日の授業でも,少人数指導による「きめ細かな指導」やICT活用が実に効果的であった。
P1090150 また,子どもたちのノートを見せてもらうと,1学期末に,写真のような活動が用意されていることが分かった。これは,数学の評価の観点にもとづいて,子どもたちが1学期の学びを総括した結果である。新しい教育課程では,授業時数が増加しそうである。しかし,子どもたちの学力の向上は,いたずらに時間を増やすだけでは,すぐに限界を迎えよう。むしろ,自分に何が足らないのか,次にどのような学習をすべきなのか等について内省し,自身の学びを創造していていく方略を彼らが手にするための指導こそが求められるように思う。

|

« 家庭学習の実態を把握するための調査 | Main | ポスターセッションの練習(第55回なにわ放送教育研究会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 家庭学習の実態を把握するための調査 | Main | ポスターセッションの練習(第55回なにわ放送教育研究会) »