« 実践研究を継続・発展させるためのノウハウの集積,その整理の重要性 | Main | 日本の学校にもシニア・マネージメント・チームが―― »

2007.09.27

富山の情報教育研究会-その学ぶ意欲の高さ-

P1090441 先日,富山大学で開催された,「情報教育研究会に参加する機会を得た。これは,富山大学人間発達科学部の高橋先生が率いる,情報教育等に関する,定期的な自主勉強会だ。毎月21回のペースで5年以上も継続している。その継続性以上に感心させられたのは,メンバーの学ぶ意欲の高さである。毎回の発表事例等の多さ,発言の積極性などが,その証左である。そして最も驚かされたのは,研究会終了後のリアクション。参加者の半分くらいの方が,小講演を担当した私に,メールで,その感想を送ってくれた。それは,私が学校研究について解説した内容の再整理や学び直しのアクションに他ならない。恐るべき向上心である――。

|

« 実践研究を継続・発展させるためのノウハウの集積,その整理の重要性 | Main | 日本の学校にもシニア・マネージメント・チームが―― »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 実践研究を継続・発展させるためのノウハウの集積,その整理の重要性 | Main | 日本の学校にもシニア・マネージメント・チームが―― »