« 「研究に貴賤なし」 | Main | 学力向上に向けた教育委員会のイニシアチブ »

2007.10.22

教師-子ども間の「学びの共鳴現象」

 兵庫県佐用郡佐用町立三日月小学校の校内研修会に参加した。同校は,平成20年度の兵庫県の社会科教育研究発表会の会場校だ。社会科の2つの研究授業(3年生,6年生)が営まれ,それを題材とした協議会が催された。
P1100178_2P1100085_3 協議会は,いわゆる「参加型」だ。授業を見て気づいたことを2種類のカードに書き出し,それを分類して,授業の特徴を明らかにしていく取り組みが,2グループ(3年生グループ,6年生グループ)で展開された。そして,その成果がグループ間で交流された。書き出したり,分類したりする活動が実にテンポよく進む。同校の教師たちの「研修力」は確実に向上している。そして,おもしろいことに,その姿は,子どもたちが授業中に見せる討論等の様子によく似ている。教師-子ども間の「学びの共鳴現象」だ。

|

« 「研究に貴賤なし」 | Main | 学力向上に向けた教育委員会のイニシアチブ »

Comments

木原先生には、本校の研究に即した適切なアドバイスをいただき、ありがとうございました。今日早速研究通信を発行し、学びのふりかえりをしました。次回の校内研究授業に生かしていきたいと思います。

Posted by: 桑田 | 2007.10.23 at 08:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「研究に貴賤なし」 | Main | 学力向上に向けた教育委員会のイニシアチブ »