« 「わが国の学校研究の歴史や他国のものとの異同」を講ずる | Main | 小中連携の継続的な取り組み(鳥取大学附属小中学校) »

2007.10.10

大学院における現職教員向けのプロジェクト学習

 本日は,私が,大学院実践学校教育専攻で現職教員の大学院生向けに開講している,「教育プロジェクト研究」の第2回目であった。この講義は,受講生たる,現職教員たちに,チームを組んで,期限までに,アウトプットを出してもらう。15回の講義の中で,今回は,2つの課題を出した。1つは,私が,学校研究推進リーダー養成プロジェクトのメンバーとともに作成した,『「学校における実践研究」推進に関するQ&A集』の改訂である。そして,もう1つは,ある小学校の実践研究改善プランの作成である。
Dsc05856 写真は,1つの課題に取り組んでいる様子である。このプロジェクト学習では,年齢も校種も異なる教員が協力して,Q&A集の項目・内容・表現の改善に努めている。そして,その過程で,学校研究の企画・運営に関する実践的知識を吸収したり,再構築したりしている。

|

« 「わが国の学校研究の歴史や他国のものとの異同」を講ずる | Main | 小中連携の継続的な取り組み(鳥取大学附属小中学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「わが国の学校研究の歴史や他国のものとの異同」を講ずる | Main | 小中連携の継続的な取り組み(鳥取大学附属小中学校) »