« カモメの鳴き声を聞きながら(英国第2日目) | Main | key skill educationは複雑だ(英国第3日目) »

2007.11.27

5分と10分の間(英国第2日目)

 昨夜,ブライトン大学の教授に,英国の教育改革等についてヒアリングを試みた。彼女との待ち合わせ場所までにタクシーで行くことにして,滞在しているホテルのフロントに予約をお願いした。指定した時刻になってもタクシーは来ない。5分過ぎて,私がフロントに相談に行こうとすると,今回一緒に旅をしている矢野先生(大阪市立大学・教授)が「もう少し待ちましょう。10分経ったくらいまで。それならば,フロントも対応してくれるから。」とおっしゃる。多少不安になりながら(待ち合わせ時刻に遅れたくなかったので)それに従って待っていたら,8分くらいしたところで,タクシーが到着。無事に乗車できた。矢野先生は,英国に留学なさった経験があるし,私よりも訪英回数がはるかに多い(私ももう8回目くらいなのだが)。この国では,5分と10分の間には本質的な違いがあるのだ。それをよくご理解なさっている。さすがである。
 まあでも,そのタクシーは,住所を示したのに行き先を間違えてしまい,さらに問題が大きくはなったのだが――。

|

« カモメの鳴き声を聞きながら(英国第2日目) | Main | key skill educationは複雑だ(英国第3日目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« カモメの鳴き声を聞きながら(英国第2日目) | Main | key skill educationは複雑だ(英国第3日目) »