« 地道にがんばっている研究者が救われる―― | Main | 学校評価の手順を学ぶ管理職,それを支える教育委員会 »

2007.11.19

異なる教科の授業にも教師が積極的にコメントできる中学校

 彦根市立南中学校を再度訪問し,国語・家庭科・理科の授業を見学し,それを題材とする協議会に参加した。この学校の教師たちは,「主体的・意欲的な学習活動を支える授業の創造-学びの環境を整え,自己の向上をめざす生徒の育成-」という研究主題の下,①理科・数学・美術小部会,②国語・社会・英語小部会,③音楽・保体・技家小部会を設定して,研究を推進している。それぞれの授業には,研究主題を具体化すべく,様々な工夫が導入されていた。
P1110490 6月に訪問した際と同様,教師たちは,研究授業の長短所について,部会単位で密な議論を繰り広げていた。異なる教科の教師間であれだけ積極的に意見を交換できることはすばらしい。
 この学校は,教育課程に関する研究指定を彦根市から受け,その成果を平成20年1月21日に公開することになっている。中学校の教師たちには,この発表会に参加して,中学校における実践研究の方法論をぜひとも吸収してもらいたい。

|

« 地道にがんばっている研究者が救われる―― | Main | 学校評価の手順を学ぶ管理職,それを支える教育委員会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地道にがんばっている研究者が救われる―― | Main | 学校評価の手順を学ぶ管理職,それを支える教育委員会 »