« 研究発表会で研究主任等が何役も果たすこと | Main | 参加型協議会成立の条件 »

2007.11.04

「学校研究」推進リーダー養成セミナーを終えて

P1100665 11月4日(日)午後,新大阪で,「学校研究」推進リーダー養成セミナーを開催した。これは,平成17・18年度に私が松下教育研究財団の支援を受けて企画・運営した「学校研究推進リーダー養成プロジェクト(LTプロジェクト)」の成果報告を兼ねた,研究主任向けの実践セミナーである。
P1100691 本日のメニューは,私の基調講演,実践事例報告(口頭2件,ポスター8件),そして振り返り(所属校の実践研究の発展に向けたアクションの構想)であった。日曜日の午後にもかかわらず,遠くは鳥取や石川から,参加者を得た。3時間ほどのセミナーであったが,実に密に対話を繰り広げてもらうことができたと思う。既に基調講演時から,参加者には,私が指名をして発言してもらっている。実践事例報告では,全員の前で,また少人数のグループで,意見を述べてもらった。振り返りタイムも同様である。
 議論の内容も,例えば研究指定を受ける(獲得する)ことのメリットとデメリット,若手が多い場合の研修デザイン,研究の成果を子どもの姿で(特にエビデンスによって)明らかにすることの重要性等,深いところにまで迫れたと思う。
 参加者の皆さん,お疲れ様でした。

|

« 研究発表会で研究主任等が何役も果たすこと | Main | 参加型協議会成立の条件 »

Comments

セミナーでは多くのことを振り返る契機を頂戴し有難うございました。今回のセミナー参加を通じて私自身が認識した課題について、今後の研究の中でひとつひとつ丁寧に取り組んでいきたいと思っております。

Posted by: 島田希 | 2007.11.06 at 01:29 PM

お疲れさまでした!

Posted by: ほそみ | 2007.11.04 at 10:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究発表会で研究主任等が何役も果たすこと | Main | 参加型協議会成立の条件 »