« 今度はメディア・リテラシーの育成にチャレンジ | Main | 「教育の情報化」に対応するための管理職研修 »

2007.11.14

学校長の応援

 昨日も紹介したが,大阪府守口市立橋波小学校・第5学年担任の松浦教諭が,現在,メディア・リテラシー育成の実践を,国語科と総合的な学習の時間をタイアップさせて実施している。
P1110280_2 昨日の授業を同校の学校長が見学なさった。2時間続きの授業をずっと見学し,時には,子どもとともにデジタルコンテンツを操作なさっていた。そして,授業後,「こういう授業だと楽しいわね」とおっしゃっていた。一般に,管理職に,メディア・リテラシーの授業の意義を理解してもらうのは,簡単ではない。また,教育課程への位置づけ,実践化となると,なおさらであろう。松浦教諭は,理解のある学校長の応援を得られて,その点では,恵まれていると思った。
 ただし,コンピュータ教室の環境は整っているとは言い難い。未だに20台しか設置されていないし,そのうち数台は故障中であった。OSも古いし,部屋には冷房設備もない。なかなかうまくいかないものだ――。

|

« 今度はメディア・リテラシーの育成にチャレンジ | Main | 「教育の情報化」に対応するための管理職研修 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今度はメディア・リテラシーの育成にチャレンジ | Main | 「教育の情報化」に対応するための管理職研修 »