« 学ぶ人,学ばない人 | Main | 今度はメディア・リテラシーの育成にチャレンジ »

2007.11.12

校内研修会に研究発表会のスタイルを持ち込んで

 またまた兵庫県佐用郡佐用町立三日月小学校の校内研修会に参加した。同校は,平成20年度の兵庫県の社会科教育研究発表会の会場校だ。社会科の2つの研究授業(4年生,5年生)が営まれ,それを題材とした協議会が催された。
 今回も,協議会は,いわゆる「参加型」で企画・運営された。ただし,前回(10月22日)とは異なり,1)校内の教員だけでなく,町内の社会科担当者等の10名も協議会に参加している,2)2つの研究授業が同時に展開され,参加者はその両方を見学して協議会に臨んでいるという,難しい条件下の営みとなった。
P1110258 果たして対話が成立するか,豊かなコミュニケーションが実現するかが心配であったが,このスタイルは研究発表会で採用するものであるから,挑戦せざるを得ない。幸い,三日月小学校の教師たちがこれに馴染んできたこともあり,写真のように,意見交換が密になったし,教師たちのふり返りも充実していた。

|

« 学ぶ人,学ばない人 | Main | 今度はメディア・リテラシーの育成にチャレンジ »

Comments

昨日の研修会では大変お世話になりました。一歩一歩実践を積み上げていきたいと思います。ようやく社会科における「読解力」を育む段階へと挑戦できるレベルへと高まってきつつあります。今後の課題としてぜひ取り組みたいと考えています。今後ともよろしくご指導ください。

Posted by: 桑田隆男 | 2007.11.13 at 01:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学ぶ人,学ばない人 | Main | 今度はメディア・リテラシーの育成にチャレンジ »