« 現職教員が夜間大学院で学ぶ意義 | Main | 総合的な学習における評価の充実 »

2007.11.08

学校における実践研究に関するコンサルテーションのトレーニング

 大学院・実践学校教育専攻で担当する科目に,「教育プロジェクト研究」というものがある。これは,受講者がプロジェクトチームを組んで,いくつかの問題解決にあたるものだ。今年度は,2つのプロジェクトを課題として提示した。1つは,「学校における実践研究」推進に関するQ&A集の改訂作業だ。これは,無事終了し,学校研究推進リーダー養成プロジェクトで開発したQ&A集をバージョンアップすることができた。
 もう1つは,ある学校の校内研修・研究の改革プランの策定だ。これが,昨日,始まった。昨日は,対象校の中堅教員を招聘し,学校の状況,実践の歴史,今年度の研究計画を報告してもらい,受講者が対象校の全容を理解する場面であった。この後,この学校の研究テーマ,研修等の年間計画,授業研究(研究授業と事後協議会)についてそれぞれ吟味し,その結果を踏まえて,同校の校内研修・研究を総括的に評価する。また,その改善を図るための「20年度校内研修・研究計画」を策定する。このような過程は,学校における実践研究に関するコンサルテーションのトレーニングとして役立とう。

|

« 現職教員が夜間大学院で学ぶ意義 | Main | 総合的な学習における評価の充実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 現職教員が夜間大学院で学ぶ意義 | Main | 総合的な学習における評価の充実 »