« 総合的な学習における評価の充実 | Main | 学ぶ人,学ばない人 »

2007.11.10

幼稚園・小中学校の合同研究発表会を終えて

P1110036 11月10日に,大阪教育大学附属平野学校園の幼稚園と小中学校が合同研究発表会を催した。私は,最後の「全体討議会」のコーディネータ役を仰せつかったので,朝の研究提案からずっと会に参加した。連携テーマたる「平野で育つ学び続ける子ども」の下,保育や授業が数多く公開された。例えば,写真のような小中学生の合同授業も展開された。研究発表や教科領域別分科会も,もちろん合同で催された。同学校園の連携教育は,進展している。
 ただし,まだ体系的ではない。全体討議会においても,それが明らかになった。これから,芽生えている連携の取り組みの継続と整理が必要になるし,それは,ある意味で,「カリキュラム・リーダーシップ」の問題であろう。

|

« 総合的な学習における評価の充実 | Main | 学ぶ人,学ばない人 »

Comments

木原先生、附属平野学校園の先生方、ありがとうございました。教職ファシリテーターコース生の和田でございます。今回は、木原先生が授業をどのように観察されているのか、直接学べる絶好の機会でした。やはりというか、私とは全く違うところを見つめておられました。勉強になりました。木原先生が授業で度々おっしゃるセリフ「参観者は授業者以上に体を動かせ。」をこの目で学ぶことができました。ありがとうございました。

Posted by: 和田 | 2007.11.22 at 07:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 総合的な学習における評価の充実 | Main | 学ぶ人,学ばない人 »