« 無事(?)帰国 | Main | 講義でもポスターセッション(「教職ファシリテーター論」における学校研究の事例分析) »

2007.12.03

「言葉と体験を重視した理科・生活科の指導」

 千代田区立番町小学校で研究発表会が催され,全学年の授業が公開された。私も,見学した。同校は,私が委員を務める,文部科学省の平成19年度「先導的教育情報化推進プログラム」の1つたる「テレビ番組とICTの連動による探求型学習の効果に関する調査・研究」の協力校である。本日も,第4学年で,NHKの理科番組に連動したデジタルコンテンツ(NHKは,それをデジタル教材と呼ぶ)を活用した,発展的な学習が展開された。子どもたちは,デジタル教材を上手に活用して,それまでの探究の深化・補充学習,さらには実生活との接点を考察する学習を繰り広げていた。
P1000075 同校では,「言葉と体験を重視した理科・生活科の指導」を実施し,それによって「自分の考えを創り出す児童の育成」を図っている。例えば,写真のような掲示は,その具体的方策の1つであろう。子どもたちは,「科学的な話し方」を駆使して,科学的な思考を練り上げ,またそれを他者に上手に伝達していた。

|

« 無事(?)帰国 | Main | 講義でもポスターセッション(「教職ファシリテーター論」における学校研究の事例分析) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 無事(?)帰国 | Main | 講義でもポスターセッション(「教職ファシリテーター論」における学校研究の事例分析) »