« 「先生って何者ですか?」 | Main | 日本教育工学会第24回全国大会(10月11日~13日,上越教育大学) »

2008.01.25

3学期の学校研究におけるチャレンジ

 広島県三次市立三和小学校を訪問し,同校の授業研究会に参加した。1年生の算数・国語,そして6年生の国語の授業を見学し,それらを題材とする協議会にも臨んだ。
 この学校は,平成20年度には,広島県の視聴覚教育の研究発表会を催すことが決まっている。特に,学校放送番組と電子情報ボードの活用に関する実践を数多く,創造している。同時に,例えば,3学期には国語の授業づくりを検討していた教師があえて算数の研究授業に取り組んでみる,1・2学期とは異なる協議会のスタイル(例えば授業の感想を指導法の工夫改善,子どもの思考・表現の充実を軸とする2次元座標に整理してみる)に着手してみるという,研究推進上の工夫も試みている。次年度に向けての布石やウォーミングアップとして,失敗するかもしれないが,今の時期にいろいろ試してみるのがよいという意識が教師間で共有されているからだ。3学期の学校研究では,こうしたチャレンジがとても大切であろう。

|

« 「先生って何者ですか?」 | Main | 日本教育工学会第24回全国大会(10月11日~13日,上越教育大学) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「先生って何者ですか?」 | Main | 日本教育工学会第24回全国大会(10月11日~13日,上越教育大学) »