« 教育委員会のアピール(英国出張3日目) | Main | やっぱりエッセイライティングだ(英国出張5日目) »

2008.01.10

校長資格を得るためのコース費用を学校の予算から(英国出張4日目)

P1000507 本日は,ケント州のAxton Chase Schoolを訪問し,聞き取り調査を実施した。学校のセキュリティ,問題行動をとる子どもへの対応他,様々な情報を得た。この学校は,そうした問題に関するポリシー,その具体化の手順をきちんと文書にまとめ,さらにWeb上で公開している。それらについて,たくさんの資料を頂戴した。
 一行が感心した(驚いた)のが,学校長の教師の力量形成に関するポリシーであった。彼は,シニアマネージメントチームのメンバーを彼らに校長資格を得させるためにカレッジに通わせるが,その費用を学校予算でまかなっていた。調査団のメンバーの一人が,「校長資格を得たスタッフが他校に流出してしまったら,どうするのか。それで費用対効果が満たされるのか。」と問うたが,スタッフが学んでいること自体が学校にとってメリットになる,それが政府の方針「teaching and learning」を体現することになるのだと学校長はコメントした。

|

« 教育委員会のアピール(英国出張3日目) | Main | やっぱりエッセイライティングだ(英国出張5日目) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教育委員会のアピール(英国出張3日目) | Main | やっぱりエッセイライティングだ(英国出張5日目) »