« ロンドンに到着 | Main | 「分かる授業」推進拠点校の実践研究会(神戸市立六甲小学校) »

2008.01.08

time out room(英国出張2日目)

P1000482 本日は,ロンドン大学に出かけ,博士課程で学んでいる小学校長に対して,聞き取り調査を実施した。彼は,問題行動をとる児童を抱える学校にいかなる学級経営が必要になるかを追究している。教師たちに,問題行動はある種のスペシャルニーズと捉えて接することが大切であると説いている。子どもを落ち着かせるための「time out room」を設け,そこで子ども自身が自らの行動を省察することを教師たちに取り組ませている。彼は,そうした工夫を著書にまとめている上,博士課程でも論文にまとめているとのことであった。

|

« ロンドンに到着 | Main | 「分かる授業」推進拠点校の実践研究会(神戸市立六甲小学校) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ロンドンに到着 | Main | 「分かる授業」推進拠点校の実践研究会(神戸市立六甲小学校) »