« 中国の高等教育システムの変遷 | Main | 初任教師が番組利用にチャレンジして »

2008.02.12

「自然とNHKの学校放送番組やデジタル教材に目が向く」

 本日,渋谷のNHKで,文部科学省の平成19年度「先導的教育情報化推進プログラム」の1つたる「テレビ番組とICTの連動による探求型学習の効果に関する調査・研究」のプロジェクト会議(コア・メンバー会議)が催され,私も参加した。
 本日は,10校の教師たちによる,NHKの学校放送番組とデジタル教材等を活用して子どもたちの学力向上を図る営みの総括を進めた。途中,富山大学の高橋先生が,「教室のICT環境が整備されれば,教師たちは,自然に,良質なコンテンツたる,NHKの学校放送番組やデジタル教材の活用に目が向きますよ」と指摘していたのが,印象に残った。私も,その「良質」の内容を,1)学習指導要領の目標・内容をカバーしつつ,発展的な教材を用意している,2)そもそも,見ていて(アクセスして)楽しい,3)しかも(質とは関係ないが)今のところ無償て提供されていると解説した。
 プロジェクトの本年度の成果は,こうした検討を重ねて,3月末には報告書にまとめられ。同時に,子どもたちの活動や作品とともに,Web上で公開される。

|

« 中国の高等教育システムの変遷 | Main | 初任教師が番組利用にチャレンジして »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 中国の高等教育システムの変遷 | Main | 初任教師が番組利用にチャレンジして »