« 学力向上とICT活用 | Main | 「はぐくみネット」事業のフィナーレで示された姿 »

2008.02.22

教師の力量形成を考えるコミュニティ

 京都教育大学の教育実践総合センターが毎月のように開催している(これはすごいことだ),「教育について考えるシンポジウム」で講演を担当させていただいた。タイトルは,「教師の力量とその形成 -授業実践者として,学校改革の担い手として-」である。博士論文をまとめた『授業研究と教師の成長』とその姉妹編たる『教師が磨き合う学校研究』のエッセンスを事例とともに紹介したという感じだ。16字スタートという変則的な時間設定にもかかわらず,けっこうな人数が集まっていたことに驚かされた。教師の力量形成を考えようとする,京都教育大学の教員や学生,京都市等の学校の教員のコミュニティの厚み,彼らの熱心さに感心させられた。

|

« 学力向上とICT活用 | Main | 「はぐくみネット」事業のフィナーレで示された姿 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上とICT活用 | Main | 「はぐくみネット」事業のフィナーレで示された姿 »