« 大阪も雪でいっぱい | Main | 中国の高等教育システムの変遷 »

2008.02.09

家庭学習指導力調査の実施に向けて

 雪の中,調査研究プロジェクトのミーティングに出かけた。ここ数年取り組んでいる,総合学力研究会だ。ベネッセ教育研究開発センターを事務局とする,この研究会は,子どもたちの学力,教師の指導力,保護者の教育力をトータルに把握し,子どもの学力向上に教師・保護者のいかなる教育力がどのように影響しているかを明らかにするとともに,両者のよき関係の発展の可能性を探ってきた。
 研究会のメンバーは,調査を実施するごとに,メインテーマを定めてきた。次回のそれは,「家庭学習」だ。本日は,教師の家庭学習指導力の概念化,それをたずねる項目の策定等に従事した。私は,授業における指導スタイルと家庭学習の内容の連関について強調した。

|

« 大阪も雪でいっぱい | Main | 中国の高等教育システムの変遷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 大阪も雪でいっぱい | Main | 中国の高等教育システムの変遷 »