« 教員異動の知らせに思う | Main | 「勉強すれば,分かる」 »

2008.03.27

2011年以降の学校放送番組とデジタルコンテンツのあり方に関する調査研究プロジェクト

 本日,渋谷のNHKで,「2011年以降の学校放送番組とデジタルコンテンツのあり方に関する調査研究プロジェクト」のキックオフ会が催され,私も参加した。これは,地上デジタル放送が完全実施となり,また新しい指導要領が小学校で全面実施となる(予定),2011年,そしてそれ以降のNHKの教育サービスのあり方について,具体的に提言するための調査研究である。特に,「番組編成と放送時間」,放送番組以外の媒体によるサービスの量・質,番組等の利用に関する普及促進等をサーベイやインタビュー,さらには海外視察等を通じて明らかにする。
 2001年及び2002年にも,同様のプロジェクトが企画・運営され,私も,そのメンバーの1人であった。今回は,一応,とりまとめ役を仰せつかった。他のメンバーは,鈴木克明先生(熊本大学),堀田龍也先生(メディア教育開発センター) ,山内祐平先生(東京大学),亀井美穂子先生(椙山女学園大学)デジタルコンテンツの評価,森田裕介先生(早稲田大学)である。これらの方々の力をお借りし,学校放送の将来像に関する,示唆に富んだ提言を呈したい。本年8月末には中間報告書を,そして来年8月末には最終報告書を完成させる予定である。

|

« 教員異動の知らせに思う | Main | 「勉強すれば,分かる」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 教員異動の知らせに思う | Main | 「勉強すれば,分かる」 »