« 記憶に残る授業 | Main | 具体性のある研究計画でないと »

2008.04.17

ずっと「一緒にいたい」と思う教師

 本日は,学部の講義「教育学演習Ⅰ」の第2回目だった。この講義は,教師に関する研究のトピック,視点と方法を受講生に会得してもらうために,様々な教師の事例分析を繰り広げるものだ。講義のゴールは,教師に関する研究のリサーチプロポーザルを作成し,発表することになっている。
 今回のトピックは,「重要な他者たる教師」であった。該当する教師を想起してもらったり,ある部活動の指導事例を分析してもらったりして,重要な他者たる教師の特徴を実感してもらった。その過程で,受講生から,「重要な他者たる教師とは,子どもがずっと『一緒にいたい』,卒業しても大きくなっても会いたいと思う教師ですね」と言ってくれた。なるほど,この心理学の概念を実践的に表現すると,そうなるだろう。

|

« 記憶に残る授業 | Main | 具体性のある研究計画でないと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 記憶に残る授業 | Main | 具体性のある研究計画でないと »