« ずっと「一緒にいたい」と思う教師 | Main | 2011年以降の学校放送番組とデジタルコンテンツのあり方に関する調査研究プロジェクト »

2008.04.18

具体性のある研究計画でないと

 本日は卒論指導の日であった。3時間みっちりやっ た。卒論論文の作成計画を報告してもらったが,具体的な活動や作業として構想されていない場合が少なくなかっ た。私が指導する学生の大半は、学校現場に身を投じ,実践的なデータを収集する。それは,相手あってこその営みだから,その準備や依頼,連絡調整等にかなりの時間が必要になる。今日は,それを諭し,具体性のある研究計画を作成することの重要性を繰り返して語った。

|

« ずっと「一緒にいたい」と思う教師 | Main | 2011年以降の学校放送番組とデジタルコンテンツのあり方に関する調査研究プロジェクト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ずっと「一緒にいたい」と思う教師 | Main | 2011年以降の学校放送番組とデジタルコンテンツのあり方に関する調査研究プロジェクト »