« 今年は,「研究発表会」の企画・運営に関する実践的知見を集積したい | Main | 多様な舞台でがんばる教師たち »

2008.04.14

早くも研究授業を実施する学校

P1020169 本日,三次市立三和小学校を訪問した。この学校は,松下教育研究財団の実践研究助成を受けることになった学校であり,私が,サポートを担当することになっている。本日は,,そこで,第6学年の算数の授業を見学させてもらった。子どもに立方体の展開図の特徴を考えさせることが目標とされる授業であったが,算数的な活動の導入,実物投影機や電子情報ボードの利用によって,彼らは,楽しく,そしてしっかりと考えていた。それを豊かに発表させるための手だてが少々足らなかったとはいえ,今日は,今年度になって授業が開始されてから1週間も経たない時期。そもそも,研究授業を計画し,実施していること自体がある種驚きである。この学校の実践研究の進展に,大きな期待が寄せられる。
 研究授業後の打ち合わせで,学校長や研究主任と相談して,規模や趣を変えながら,9月,11月,2月と3回,授業公開等を催すことが決まった。

|

« 今年は,「研究発表会」の企画・運営に関する実践的知見を集積したい | Main | 多様な舞台でがんばる教師たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今年は,「研究発表会」の企画・運営に関する実践的知見を集積したい | Main | 多様な舞台でがんばる教師たち »