« 研究のよいところを見いだす | Main | 『学校研究「継続・発展」の手引き』 »

2008.05.06

なぜ「研究発表会」を開催するのか

 先日も記事を投稿したように,今年度は,学校研究の一環たる「研究発表会」について,その企画・運営に関する実践的知見を集積している。ある学校の研究主任に,研究発表会開催までのアクションを刻銘に記録してもらったり,いくつかの学校のものに参加してチェックリストを用いて評価したりする。
 まだ始めたばかりだが,根本的な問題がつきまとう。なんのための研究発表会なのか。誰のためのものなのかという問題である。両者が矛盾する場合があって解決が難しいのであるが,主催する学校にも,参加する他校の教師等にとっても得るものが多い研究発表会のデザイン,それに至るプロセスを具体的に示したい。「研究発表会」開催に関する実践的知識を蓄積するために,このブログの読者にも協力をお願いすることがあるかもしれない。その際には,よろしくお願いいたします。

|

« 研究のよいところを見いだす | Main | 『学校研究「継続・発展」の手引き』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究のよいところを見いだす | Main | 『学校研究「継続・発展」の手引き』 »