« 学校リスクマネージメントに関する教員研修の企画・運営 | Main | 大規模校における授業研究会 »

2008.05.28

講義で学生から「先生って--」と言われて

 本学で「教育実践の研究Ⅱ」という講義を担当している。これは,我が国の最新の教育方法について講ずるものだ。本日は,小学校の外国語活動について,その実践動向を示した。また,それを支える教育メディアたる,NHK学校放送及びデジタル教材を解説した。その際に,我々が普及パンフレットと呼んでいる,「教育テレビ&ICT活用で授業力アップ」を配布した。これには,学力向上に向けた,様々な放送教育実践とその解説,さらには,学力向上のための指導力チェックリスト等が掲載されている。
Kihara_01 私はこの小冊子の監修者を努めているので,トップページに,写真入りで「大阪教育大学教授 木原俊行」と紹介されている。それを見て,学生があっけらかんとして言った。「先生って,教授じゃないみたいですね」と。貫禄がないということか--。学術的な迫力に欠けるのであろうか--。小冊子に載っている,このイラストがかわいいので,そう思われただけだということにしよう。

|

« 学校リスクマネージメントに関する教員研修の企画・運営 | Main | 大規模校における授業研究会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学校リスクマネージメントに関する教員研修の企画・運営 | Main | 大規模校における授業研究会 »