« 放送教育の実践を発表しよう(第59回放送教育研究会全国大会) | Main | なぜ「研究発表会」を開催するのか »

2008.05.05

研究のよいところを見いだす

 本日は,ある学術雑誌に投稿された論文の査読・判定に時間を費やした。これが,なかなか,難しい。著者は,自分の研究を自分の論理で提案するが,読者はそのすべてを受け止められないと感じた。けれども,それは,研究の意義や独創性を否定するものではない。それらを読者が納得できるように,どう修正していただくか--。分かりにくさを理由に,論文を採録不可とできなくはないが,学会は,学術研究を認め合うコミュニティであるべきだから,研究のよいところを見いだして,それがいっそう明確になるように,読者にアピールできるように,著者に修正を求めることを,私は,自分に課すようにしている。もちろん,返戻にせざるをえない場合もあるし,修正文を分かりやすく示すのがこれまた大変な場合もあるが--。

|

« 放送教育の実践を発表しよう(第59回放送教育研究会全国大会) | Main | なぜ「研究発表会」を開催するのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 放送教育の実践を発表しよう(第59回放送教育研究会全国大会) | Main | なぜ「研究発表会」を開催するのか »