« 研究授業後の協議会の充実 | Main | 『学校研究「継続・発展」の手引き』のリクエスト »

2008.05.13

学級目標は,『「たこやき」なクラス』

P1020364 本日は,大阪市内のある小学校を訪問した。学校評議員の一人として,学校経営方針を拝聴したり,教室や授業を見学したりした。3年生のある学級の目標は,写真のように,『「たこやき」なクラス』であった。いかにも大阪といった,このコピーの「た」「こ」「や」「き」が何を示しているか,読者はお分かりだろうか。
 この学校では,すべてのクラスで,学級目標を教師と児童が相談して定めている。だから,このような合い言葉も生まれてくるのであろう。『「たこやき」なクラス』は,実は少々発音しにくいが,学級目標としては,子どもたちの思いがこもった,ほかほかのコピーだから,それでよいと思う。

「た」はたのしい,「こ」はこせいてき,「や」はやさしい,そして「き」はきもちのいい,である。

|

« 研究授業後の協議会の充実 | Main | 『学校研究「継続・発展」の手引き』のリクエスト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究授業後の協議会の充実 | Main | 『学校研究「継続・発展」の手引き』のリクエスト »