« 学力向上に資する「ものづくり」 | Main | 学校長の学校評価に関するイニシアチブ,リーダーシップ »

2008.06.23

NHK学校放送番組『見える歴史』の活用(第65回なにわ放送教育研究会)

 本日夜,谷町のNHK大阪で,第65回なにわ放送教育研究会が催され,私も参加した。今日は,今年度にスタートした学校放送番組『見える歴史』の第3回を視聴し,その特徴等について意見を交換した。
 また,この番組を活用した実践を守口市立橋波小学校の松浦教諭が報告してくれた。彼は,(前にもこのブログで紹介したが)番組の継続視聴を活かし,時代をまたいで,政治や文化,くらしの異同を考察させる取り組みに着手している。その可能性と課題について検討した。やはり,実践がチャレンジングなので,参加者から色々な意見が出て,議論が盛り上がった。

|

« 学力向上に資する「ものづくり」 | Main | 学校長の学校評価に関するイニシアチブ,リーダーシップ »

Comments

本日初めて参加させていただきました。どうもありがとうございました。時代や教科の枠をこえて事象を比較し、共通点や相違点を見い出す学習の様子に大変魅力を感じました。松浦先生ありがとうございました。また、先生方の感想やご意見も、同じ教壇に立つ者として責任あるご発言で清々しさを感じました。ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。

Posted by: 牧野 | 2008.06.24 at 12:21 AM

今日は研究会に参加させていただき、ありがとうございました。子供たちが時代や教科の枠組みをこえて、発見し、課題を設定していく松浦学級の子どもたちの学びへの旺盛な意欲が肌で感じられるご発表でした。ありがとうございました。他の先生方のご発言も教壇に立つ同志としての感想や意見で、大変勉強になりました。大阪へ来て本当によかったと思います。本日はありがとうございました。

Posted by: 牧野 | 2008.06.24 at 12:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 学力向上に資する「ものづくり」 | Main | 学校長の学校評価に関するイニシアチブ,リーダーシップ »