« 研究授業と事後検討会の意義 | Main | 卒業論文作成に対する現職教員のサポートに感謝 »

2008.06.11

教師たちの振り返りとそれを生かした授業改善

P1020694 先日,兵庫県佐用町立三日月小学校で社会科の授業を見学した。この学校は,本年11月11日に,社会科の授業づくりに関する研究発表会を催す。そのサポートのため,昨年度から数回,私も,訪問している。昨年度から,参加型研修に取り組んでもらっている。授業研究だけでなく,年度末の研究の総括的評価もそうである。その成果が,写真のような「宣言」である。これは,管理職を含む,すべての教師が,当該年度の実践を振り返り,次なる課題を定め,それらを文書に残したものである。例えば,「私は,読解力の育成について,複数の資料を比較検討して考察できる力を子どもにつけます。」「教師たちが読解力の育成を図りやすくなるように,教育委員会に環境整備を働きかけます。」といった自己課題が記されているわけだ。
 そして,研修会が開催される会議室には,それがずっと掲示してある。授業改善のポイントを,教師たちが忘れないように。

|

« 研究授業と事後検討会の意義 | Main | 卒業論文作成に対する現職教員のサポートに感謝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究授業と事後検討会の意義 | Main | 卒業論文作成に対する現職教員のサポートに感謝 »