« 研究授業を学年団で実施して,パートナーをたたえられるならば | Main | 図工と英語活動のミックス »

2008.06.17

中堅教師が目指す「授業力量の個性化」

 本日は,大学院で担当している講義「教師発達学」で,中堅教師の「授業力量の個性化」について講じた。中堅教師の授業づくりは,例えば柔軟な授業展開等に加えて,実践研究(アクションリサーチ)を通じた,個性的な授業づくりを図るという特徴がある。
 自己の授業づくりの課題が学校の研究テーマとマッチしない場合でも,逆に,そのギャップを克服しようとするエネルギーが新しいアイデアを生み出したという事例を紹介した。中堅教師の「授業力量の個性化」と学校における実践研究の接点の複雑さ,豊かさを物語るものだ。受講生の何人かが,「そうだ,そうだ」「なるほど」と,それにうなづいてくれていた。

|

« 研究授業を学年団で実施して,パートナーをたたえられるならば | Main | 図工と英語活動のミックス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究授業を学年団で実施して,パートナーをたたえられるならば | Main | 図工と英語活動のミックス »