« 「研究発表会」開催に向けての役割分担 | Main | その教師の授業づくりの過去・現在・未来 »

2008.06.30

「カリキュラムに関する語りと探究の充実」

 本日,我が研究室で,矢野先生(大阪市立大学)及び森先生(愛知江南短期大学)と,7月5・6日に鳴門教育大学で催される,日本カリキュラム学会第19回大会の発表準備に勤しんだ。ここで,我々は,「カリキュラム・リーダーシップのモデル開発」と題する発表をおこなう。一昨年度から3人で推進している,カリキュラム開発に必要とされるリーダーシップに関する理論的・実践的研究の中間成果をレポートするのだ。カリキュラム・リーダーシップ概念が台頭した背景,それとカリキュラム・マネージメントの違い,国内外の学校におけるカリキュラム・リーダーシップ実践の分析等を通じて,カリキュラム・リーダーシップの本質が教師たちの「カリキュラムに関する語りと探究の充実」にあることをモデルとして示すことになった。詳しくは,当日(5日の13:50~)の発表をお聞きいただきたい。

|

« 「研究発表会」開催に向けての役割分担 | Main | その教師の授業づくりの過去・現在・未来 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「研究発表会」開催に向けての役割分担 | Main | その教師の授業づくりの過去・現在・未来 »