« 研究者にも(にこそ)学習コミュニティが必要 | Main | もうすぐ第7回「虎の穴」OB会 »

2008.07.22

「思考力・表現力・判断力の育成-その原理と具体的事例」(ぎょうせい『悠プラス』2008年8月号)

 先日,出版社:ぎょうせいから刊行されている教育雑誌『悠プラス』2008年8月号に拙稿が載った。この号では,「学ぶ力を引き出す授業」が特集されている。私は,「思考力・表現力・判断力の育成-その原理と具体的事例」というタイトルで小論を綴っている。
 読者ならば,このタイトルでどのような授業づくりを語るであろうか。私は,紙幅の都合上,1)考える時間の確保,2)手がかりやモデルの提供,3)振り返りのための道具の提供を掲げた。また,それらの典型事例を紹介した。そして,それらの前提には,学力向上のアプローチをじっくりと思考し,仲間の間で表現し合う,教師の姿勢が必要とされることを,まとめに代えて,主張した。

|

« 研究者にも(にこそ)学習コミュニティが必要 | Main | もうすぐ第7回「虎の穴」OB会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 研究者にも(にこそ)学習コミュニティが必要 | Main | もうすぐ第7回「虎の穴」OB会 »