« 第7回「虎の穴」OB会が始まる | Main | 放送番組・デジタル教材の活用方法を考える実践セミナー(日本放送教育協会「先生のための教え方教室」) »

2008.07.27

番組を活用した授業プランについてしっかり考える(第7回「虎の穴」OB会)

 昨日も紹介したように,本日と,東京・渋谷のNHKで,放送教育指導者養成講座(虎の穴)の第7回OB会が催され,私も参加した。
P1030474 本日は,今年度にスタートした,NHK学校放送・第6学年社会科番組『見える歴史』の「織田信長」の回を視聴し,それを活用する授業プランをグループで作成し,報告してもらった。また,その妥当性や課題について,制作者も含めて,意見交換した。このような番組研究と活用プランの作成は,放送教育の研修会の特徴的な活動だ。今日も,番組の特徴を生かした,そして学力向上に資する,授業プランについて,参加者がしっかり考えていた。
 ところで,このOB会,次回は,8月1・2日(土日)に北海道で催されることに決まった。OBの皆さんには,出席できるように努力してもらいたい。

|

« 第7回「虎の穴」OB会が始まる | Main | 放送番組・デジタル教材の活用方法を考える実践セミナー(日本放送教育協会「先生のための教え方教室」) »

Comments

2日間ありがとうございました。3年ぶりに味わう緊張感!?。このような刺激が必要だと改めて感じました。来年は北海道でお待ちしております。じっくり準備していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

Posted by: 福ちゃん | 2008.07.28 at 08:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 第7回「虎の穴」OB会が始まる | Main | 放送番組・デジタル教材の活用方法を考える実践セミナー(日本放送教育協会「先生のための教え方教室」) »