« 日本カリキュラム学会で司会を担当して | Main | 授業見学者を迎えて »

2008.07.08

全放連・人間力向上プロジェクトの授業研究会

 本日,千代田区立九段小学校で,全国放送教育研究会連盟(全放連)の人間力向上プロジェクトの授業研究会が催された。このプロジェクトは,全放連がプロジェクトチームを組んで取り組む,研究活動だ。その一環として,年に数回,放送番組を活用して人間力の育成を図る授業をデザインし,実施し,そして評価する。つまり,授業研究会を企画・運営する。
P1030260 今日の授業では,プロジェクト委員長の竹下教諭が,1年生に,NHK学校放送『おはなしのくに』の「かたあしダチョウのエルフ」の回を視聴させ,「片足になったエルフの姿を想像し,エルフの優しさや悲しみ,勇気について読み味わう」授業を実施した。月曜日の5時間目という悪条件化であったが,子どもたちは,番組のストーリーに引き込まれていった。それを,例えば「目を閉じてエルフの姿を想像させる」等,竹下教諭の指導技術が促した。
P1030292 研究授業後の協議会は,プロジェクトのメンバー等の放送教育実践家(幼稚園~中学校までの教員)と九段小学校の教師たちが,グループを組んで授業に関する意見を交換した。また,この番組を活用するプランを構想した。NHKの番組制作者が番組のコンセプト等を紹介してくれて,それらの活動を支えてくれた。様々な立場の人間が多様なアイデアを交流する,そして互いにそれを尊重する,よい機会となった。プロジェクトの授業研究スタイルに合わせて校内研修を企画・運営してくださった,九段小学校の先生方に厚く御礼申し上げる。

|

« 日本カリキュラム学会で司会を担当して | Main | 授業見学者を迎えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本カリキュラム学会で司会を担当して | Main | 授業見学者を迎えて »